トップ>観光リスト お問い合わせリンク プライバシーポリシーリンク

画像

タイトル画像

相良寺

  写真

木彫坐像としては国内最大の千手観音が祀られており、古くから安産・子授け・縁結びにご利益があると 親しまれてきました。

「相良」、「あいら」と呼びます。
日本最大級の木彫り千手観音坐像「相良観音」を祀り、古くから安産や子授け、縁結びにご利益があると遠方からも 多くの人が参拝に訪れます。

  写真

天台宗の古刹吾平山相良寺の本尊で、正しくは「千手千眼観自在菩薩」といいます。絶大な救済力を表現するため丈六坐身、全長が1丈六尺、坐身2.4mあり、荘厳具として、輪光背と箱形天蓋を持つ堂々たる尊像です。
頭部に11面、躰部には40手あって、40手に25有界を乗じて、千手をあらわしています。
参拝時には、近くで拝観することができ、その尊大さは国宝級。

本尊左右奥に、毘沙門天と不動明王が脇侍として立っています。信仰の道で結ばれる菊地・東福寺および筑後・清水寺と同じく、比叡山風の三尊形式がみられます。

相良寺(観音堂)正面の鰐口は天文17(1548)年東常陸介の寄進、井上掃部の作。

  写真

ちょうど桜の花の芽が膨らんで開花を目前にした、3月15〜18日の春季大祭は、「相良観音さん祭り」として地元で親しまれ、多くの人が訪れます。

相良観音縁起では、源平合戦のとき平家に味方した菊地氏がここにたてこもったので、源氏方の豊後竹田の軍が本寺を焼き打ち、多くの僧舎が失われたと伝えられています。アイラトビカズラの伝説にもになっています。

  写真

駐車場より、歩いて参道を3分本堂に着く。お祭りにはたくさんのお店がならびます。
安産や子授けのご利益は絶大なようで、遠方からも夫婦そろっての参拝が見られます。
地元では、そのご利益もあってか、子供たちが多いようです。
一日中、鐘をつく音が、遠くの山々にこだましています。

  写真

豊かな恵みをはぐくんだ相良山、県内有数の栗の産地でも有名。この山のふもと相良寺はあります。

場所:菊鹿町相良
【アクセス】
車で、あんずの丘より15分。
産交バス停(三井原)より19号線を左折2分。
途中、天然記念物アイラトビカズラを見ることができる。


画像ライン